80s90sソングズ

80年代90年代のアーティスト・名曲を語るブログ

90年代 ロック 男性バンド

Valentine D.C.の現在。メンバーは何してる?ライブは?「Be a believer」「春雷」の誕生秘話は?

投稿日:

出典:〔amazon〕ALL The Way From D.C.

スポンサーリンク

Valentine D.C.を色々な角度から掘り下げていきます。

プロフィール

  • バンド名 Valentine D.C.
  • 活動開始 1989年
  • カテゴリー ロックバンド
  • 所属レコード会社 ヒートウェーブ
  • 所属事務所 Five Fold

現在。メンバーは何してる?ライブは?「Be a believer」「春雷」の誕生秘話は?

現在バンド自体復活していますが、リリースはされていない状況にあります。2000年にリリースされたアルバムが最後に新作リリースはされていません。後に触れるライブがValentine D.C.を見られる最大のチャンスと言えます。

続いては現在のメンバーは何をしているのか?について書いて行きます。

ボーカル Kenichi 本名 土本 健一

Valentine D.C.は一度、1999年に解散しておりその後は、oxide、 Velvet Spider、VERTUEUX(Ken1)等に在籍していましたが、いずれも長続きはせずインディーズでの活動に留まっていました。

ベース Jun 本名 嶋澤潤

一度バンドが解散した後は、PENICILLINのボーカル千聖が別にやっているバンドCrack6に在籍していた期間もあります。現在はValentine D.C.に戻っています。

ドラム Tsuki 本名 月岡靖智

Act∫ue veil、PLASTIC、閃-4-AIMやサポートメンバーとして活動し、その際は本名を使用したりValentine D.C.でのニックネームを使用しています。

再結成を決めたときに、現メンバーしか集まらず過去に在籍していたメンバーについてはそれぞれの活動状況により、集まらなかったと思われます。

しかし、後述のライブ情報をみると、NaoyaさんやTakeshiさんなど、全盛期のメンバーが一部入っていたりもします。そのへんは流動的なのかもしれません。

ライブ日程については以下の通りです。(http://www.valentine-dc.net/live.htmlより引用)

2019/6/22(Sat) Zoo the Rock-OSAKA BURNING!!-

Location 大阪 南堀江Knave

Time   Open 17:15 / Start 18:00

Act

◆Valentine D.C.
  • Vo.Ken-ichi
  • Gt.Naoya
  • Ba.Jun
  • Dr.Takeshi
◆UNDER GARGOYLE
  • Vo.KIBA
  • Gt.HISASHI
  • Gt.KOUSUKE
  • Ba.RIU(メトロノーム)
  • Dr.未定
◆KING
  • Vo.RYO
  • Gt.叶真
  • Gt.喨介
  • ‪Ba.Junichiro
  • Dr.SHINGO

Ticket    前売¥4,000/ 当日¥4,500(DRINK代別途必要)

Detail    【チケット取扱】

ローソンチケット

イープラス

【チケット発売日】

3月24日(日)10:00~

【入場順】

①ローソン・イープラス並列

【お問合せ】

南堀江Knave 06-6535-0691

ファースト・セル desk@firstcell.net

2019/6/23(Sun) the 30th VDC~Thanks For All VDC Mania~

Location 大阪 南堀江Knave

スポンサーリンク

Time      Open 17:00 / Start 17:30

Act

Valentine D.C.
  • Vo.Ken-ichi
  • Gu.Naoya
  • Ba.Jun
  • Dr.Takeshi

Ticket    前売¥5,400/ 当日¥5,900(DRINK代別途必要)

Detail    ◆ファースト・セル優先チケット◆

*整理番号は抽選ですが、規定枚数を超えた時点で受付は終了となります。

受付期間:2019年2月20日(水)~3月10日(日)

優先チケットお申込→ http://firstcell.net/gargoyle/goods/others.html

◆一般チケット発売◆

2019年3月24日(日)10:00~

イープラスにて発売

【入場順】

1.ファースト・セル優先チケット

2.イープラス

【お問合せ】

南堀江Knave 06-6535-0691

ファースト・セル desk@firstcell.net

2019/7/15(Mon祝) underland FES.~Gargoyle 32nd −Live not alone!−

Location TSUTAYA O-WEST

Time      Open 15:30 / Start 16:00

Act

  • UNDER GARGOYLE
  • Valentine D.C.(Vo.Ken-ichi / Gt.Naoya / Ba.Jun / Dr.Takeshi)
  • THE SLUT BANKS
  • UCHUSENTAI:NOIZ
  • NoGoD
  • test-No.

Ticket    前売¥4,800/ 当日¥5,300(DRINK代別途必要)

Detail    ■チケット取扱■

e+プレオーダー

e+(一般販売)

ローソンチケット【Lコード:72940】

■e+プレオーダー■

2019年4月14日(日)10:00 ~ 4月24日(水)18:00まで

【 受付URL → https://eplus.jp/gargoyle/ 】

*整理番号は抽選となります。

*お一人様4枚まで申込可能

■チケット一般発売日■

5月12日(日)10:00~

お問い合わせ:

TSUTAYA O-WEST 03-5784-7088

ファースト・セル desk@firstcell.net

このライブでしか、メンバーの演奏している姿を見ることが出来ないので、見られるチャンスがある人は見て損はライブだと思います。続いてはValentine D.C.の楽曲「Be a believer」「春雷」について書いて行きます。

「Be a believer」は、フジテレビのボキャブラ天国のテーマソングで、終始テンションの高い曲で間奏がない珍しい1曲だと感じました。まあわざとそういう展開にしてインパクトを付けることに頑張ったのだと感じました。

「春雷」はポップステイストであり、ビジュアルロックバンドと言うよりも売れるために書いたような楽曲だと思いますが、逆に歌いやすい楽曲だと思います。

まとめ

今回はValentine D.C.について書いてきました。一度活動をやり過ぎて解散しその後復活しましたが、現在はライブという空間で自分達を表現していくように考えていると思います。

しかし、ロックバンドは常にテンションの高い楽曲を生み出さなければならないので、気持ち的に燃え尽き症候群的な感じになるので、解散を選ぶバンドが多いのかもしれないと考えて居ます。

しかしながら、音楽しかないと思い復活するのかもしれません。

👉〔amazon〕Valentine D.C.のCDはこちら。

スポンサーリンク

関連記事

-90年代, ロック, 男性バンド

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

JUSTY-NASTYの復活後の現在の活動。メンバーは何してる?ライブは?「ジェラシー」の誕生秘話は?

スポンサーリンク 出典:〔amazon〕PLEASURE OF THE SLUTS 最近復活したJUSTY-NASTYを色々な角度から掘り下げて行きます。 プロフィール バンド名 JUSTY-NUST …

C-C-Bの現在。メンバーは何してる?「Romanticが止まらない」 「スクール・ガール」の誕生秘話は?

スポンサーリンク 出典:〔amazon〕ゴールデン☆ベスト C-C-Bシングル全曲集 1980年代に、活躍したC-C-Bを今回は掘り下げます。 プロフィール バンド名 C-C-B 活動年 1982年~ …

BAKUの現在。車谷浩二やメンバーは何してる?「ぞうきん」「ピーターパン」の誕生秘話は?

スポンサーリンク 出典:〔amazon〕不思議なマジック 1990年代に活躍したBAKUについて掘り下げて行きます。 プロフィール バンド名 BAKU 結成年 1989年 カテゴリー ロックバンド 現 …

バンドTHE WILLARDの現在。メンバーは何してる?「Sabrina」 「THE END」の誕生秘話は?

スポンサーリンク 出典:〔amazon〕グッド・イヴニング・ワンダフル・フィエンド (紙ジャケ/HQCD) 1980年代に誕生したバンドTHE WILLARDを色々な角度から掘り下げて行きます。 プロ …

オリジナルラブの現在。田島貴男とメンバーは何してる?「接吻」「プライマル」の誕生秘話は?

スポンサーリンク 出典:〔amazon〕プラチナムベスト ORIGINAL LOVE~CANYON YEARS SINGLES&MORE(UHQCD) 今回はオリジナルラブを色々な角度から掘り …

スポンサーリンク