80s90sソングズ

80年代90年代のアーティスト・名曲を語るブログ

80年代 90年代 ポップス 女性ソロ

今井優子の現在の活動。結婚してる?独身?ライブは?「さよならを言わせて」「虹色のオーラ」の誕生秘話は?

投稿日:

スポンサーリンク
出典:[amazon]SWEETEST VOICE Yuko Imai Best Album

ボーカリストの今井優子さんを色々な角度から掘り下げます。

プロフィール

  • 本名 今井優子
  • 生年月日 1967年10月21日
  • 出身地 東京都
  • カテゴリー シンガーソングライター
  • 活動開始 1987年

現在の活動。結婚してる?独身?ライブは?「さよならを言わせて」「虹色のオーラ」の誕生秘話は?

現在の活動についてはソロボーカリストとして活動を継続しています。実は2017年にデビュー30年を迎えましたが、1998年から2007年頃まで表立っての活動を辞めており、その間はボーカリストを指導する側に回っていました。

実は、歌う事に迷いが生じてしまい、表舞台での活動を控えたようで、今まで足りない部分を補強できたようです。

自分が表立って謳っていないときに、人に歌を教えることをしたお陰で自分でも気づいていないことなどに気づかされることがあったという事なので今井優子さんにとってはプラスに働いたと言えます。

しかし、この間はアニメの歌を歌い楽曲を作詞、作曲をやったりする時間に充てていたようです。さて最近のリリース状況は2018年にミニアルバム『It’s My Time To Shine』をリリースしました。

自身で作詞・作曲した作品もあれば、角松敏生の作詞作曲の楽曲もあります。アレンジャーには元FIELD OF VIEWのメンバー安倍潤氏が参加しています。その後は、ライブやレコーディングにと多忙な日々を過ごしています。

結婚しているかについては、それらしき記事がありませんので恐らくしていても公表していない可能性があります。また、独身なのか?については公表されていない以上独身と考えて良さそうです。

ライブについては、2019年の年末まで開催していましたが、2020年に入ってからはライブの予定はないようです。まあ、自身の名義では無くともコーラスとして参加する事もありますが、現在どのエンターテイメントもコロナの影響をまともに受けて止まっているためにいつ再開できるか解りません。

スポンサーリンク

ここからは今井優子さんの楽曲、「さよならを言わせて」「虹色のオーラ」について書いて行きます。「さよならを言わせて」は、角松敏生がプロデュースしたアルバム『DO AWAY』の中に収録されている楽曲で作詞・作曲も角松敏生が手掛けており、サウンドボリュームの厚い楽曲であると言えるし、本人もしっかりと歌いこなしている印象がある。

楽曲の雰囲気はシティーポップスとフュージョンの丁度間ぐらいの感じで有り、時代を超越しているように聞こえるため、どの時代でも歌う事が出来る楽曲とも言える。2019年にもこの楽曲が収録されたアルバムがタワーレコード限定で再発売されています。勿論、再度マスタリング(音の粒子を綺麗にする作業)を施しています。

「虹色のオーラ」は、1988年6月10日にリリースした作品で、セカンドシングルに当たります。作詞は、田口俊、作曲は、小室哲哉のコンビで作られアレンジが鷺巣詩郎さんなので小室哲哉サウンドはなりを潜めていますが、メロディーLINEは小室哲哉色が出ています。

いずれにしてもボーカリストとして上手いので、充分に歌いこなしているというのが印象です。この曲は、TBSテレビの『花王愛の劇場ママの色鉛筆』の主題歌でした。このドラマは所謂昼ドラマ枠で、後に視聴率が低下してドラマ枠が終了。現在は同じ枠で『ひるおび』が放送されています。

6月27日から8月12日まで平日に放送しているため、夏休みの在宅している子供達にも視聴して貰おうという試みもあったかもしれません。また、この後13時30分の枠でもドラマが放送されており、この枠からはZoneのSecretBase君がくれたもの等のヒット曲があります。

まとめ

YouTubeから、楽曲を数曲聴いてみましたが歌が上手いというのは間違いなく言えます。それだけに、その辺のボーカリストが悩むようなところでは無い高い次元で悩み十年ぐらいの表舞台休業が必要だったと考えられます。

今後は過去の経験も糧にしてもっと良い唄が歌えるであろうと考えています。人生経験がもっと加わると歌につやが出たり、深みが出たりすることになるでしょう。いずれにしても現在ライブが出来ないため、生で聞くことが出来ず残念です。

👉〔amazon〕今井優子のCDはこちら。

スポンサーリンク

関連記事

-80年代, 90年代, ポップス, 女性ソロ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

マルコシアス・バンプの現在。メンバーは何してる?「バラが好き」「オレンジ色の月」の誕生秘話は?

スポンサーリンク 出典:〔amazon〕reVAMPed(紙ジャケット仕様) 現在の活動はどうなっているのか興味を持ち、マルコシアス・バンプを掘り下げます。 プロフィール バンド名 マルコシアス・バン …

中原めいこの現在の活動。結婚してる?ライブは?「君たちキウイ・パパイア・マンゴーだね。」の誕生秘話は?

スポンサーリンク 出典:[amazon]ゴールデン☆ベスト 中原めいこ[スペシャル・プライス] 昨年の12月タワーレコード上陸40周年記念の特集でも、取り上げられるほどの名曲を持つ中原めいこさんを色々 …

稲垣潤一の現在の活動。結婚してる?「クリスマスキャロルの頃には」「雨のリグレット」の誕生秘話は?

スポンサーリンク 出典:〔amazon〕30周年記念ベスト~テーマ・ソングス~ 1980年代からボーカリストとして活躍した稲垣潤一さんを色々な角度から掘り下げて行きます。 プロフィール 氏名 稲垣潤一 …

アン・ルイスの現在。病気の状態は?「WOMAN」「六本木心中」の誕生秘話は?

スポンサーリンク 出典:〔amazon〕アン・ルイス ベスト SBB-303 主に1980年代から1990年代にかけて活躍していたアン・ルイスさんを色々な角度から掘り下げていきます。 プロフィール 芸 …

ザ・ブルーハーツの現在。メンバーは何してる?解散の理由は?「TRAIN TRAIN」「情熱の薔薇」の誕生秘話は?

スポンサーリンク 出典:〔amazon〕YOUNG AND PRETTY 1980年代中盤から90年代中盤までに音楽シーンを塗り替えたバンド、ザ・ブルーハールを掘り下げて行きます。 プロフィール バン …

スポンサーリンク